【重要なお知らせ】BANDAI SPIRITSを騙る“なりすましサイト”にご注意ください(2022/9/30更新) 「Pay-easy決済」の終了と「あと払い(ペイディ)」の導入について

HOME > 【フィギュア初心者必見!】1体でも映える!狭小スペースでも映える!ヒーローフィギュアの飾り方と楽しみ方
プレバン編集部商品のご購入時に、購入した商品に。ちょっと役立つかもしれない情報をコラム形式でお届けします。

【フィギュア初心者必見!】1体でも映える!狭小スペースでも映える!ヒーローフィギュアの飾り方と楽しみ方

狭小スペースでも映える!ヒーロー可動フィギュアの飾り方と楽しみ方
「フィギュアのある部屋って何か憧れる!でも、フィギュアをたくさん買い揃えられるような予算もないし、きれいに飾れる棚もないし、スペースもない…」このように、フィギュアへの興味が一瞬高まったものの、色々な心配から購入の決心がつかないという方も多いと思います。でも、フィギュアって必ずしもシリーズで揃えて、きれいに並べて飾らなきゃいけないというわけじゃないんです!
“1体買いでも”“狭い場所でも”、ポージングや飾り方次第でフィギュアは映えます!
まずは1体、と考えているフィギュア初心者の方のために、今回はそのポイントを実例とともにご紹介します。

さっそく実物を利用して、アクションフィギュアのポージングにトライ!

さっそく実物を利用して、アクションフィギュアのポージングにトライ!

「S.H.Figuarts」ウルトラマンシリーズ100体目の記念フィギュアを使用した事例をご紹介

今回はモニターの方に最新フィギュアを実際にさわっていただきながら、飾り方やポージングの方法を紹介します。「子どものころにウルトラマンの再放送を見て見事にドハマりして、ソフビの怪獣シリーズをコレクションしていました。今は自分の子どもがウルトラマンに夢中になっていて、こっちまでウルトラマン熱が再燃しちゃいました。最近はウルトラマンのフィギュアにも大人向け商品があると聞いて、少し気持ちが揺れています」と話すのは、小学生のお子さまがいるモニターの佐藤さん(40代男性)。「フィギュアはたくさん集めて飾るもの」という先入観があって「1体だけ買う」ということに迷いがあるそうです。

今回、お手本として使用したのは、モニターの佐藤さんにもなじみの深い初代ウルトラマンのフィギュアです。「可動によるキャラクター表現の追求」をテーマとしたアクションフィギュア「S.H.Figuarts」シリーズから、『S.H.Figuarts(真骨彫製法) ウルトラマン』を選びました。この商品は、S.H.Figuartsのウルトラマンシリーズの記念すべき100体目。スーツアクターの方のデータをスキャンして作り上げ、絶妙な体のバランスを再現した商品です。2022年7月に発売されたこの最新フィギュアを使って、映えるフィギュアの飾り方にチャレンジしたいと思います。

「S.H.Figuarts(真骨彫製法) ウルトラマン」パッケージと商品本体

TAMASHII NATIONS公式ブログへリンク『S.H.Figuarts(真骨彫製法)ウルトラマン』| 魂ウェブ(外部サイトへリンク)

S.H.Figuarts(真骨彫製法)ウルトラマン | 魂ウェブ(外部サイトへリンク)

佐藤さん「高級感たっぷりのパッケージなので開けるのさえ緊張します…。へぇ、これが大人のフィギュアなのか…。ソフビしか知らない私にとって、これだけ関節が動くっていうのが驚きです。手首もポージングによって付け替えるんですね。付け替え用パーツもこれだけの数があって、めちゃくちゃ本格的じゃないですか!さすが大人向けです。」

それではさっそくポージングの練習。1体で映える飾り方をするためには、このポージングが最大のポイントと言っても過言ではありません。今回は、ウルトラマンのファイティングポーズにトライしていただきました。

アクションフィギュアはさわるのが楽しい!

佐藤さん「そうそう、僕らが昔見たウルトラマンのファイティングポーズはこの猫背が重要ですよ。この猫背の感じを再現したいですね。あ、関節は曲げ具合だけじゃなくて、捻り具合も大事なのか、けっこう難しいですね…。こんなに可動箇所があるなんて、最近のフィギュアは進化していますね。(中略)かれこれ15分くらいさわっていますが…よし、こんなポーズでどうだろう?いや、なんか重心が前にかかりすぎたのか不自然だな…。少し内股っぽいし…。あ、ダメだ。やっぱり立たない!なんだか立体パズルをやっているような感覚です。」

そう、可動箇所が多く、可動域も広く、自由度が高いからこそ、初めてアクションフィギュアにふれる人にはポージングはかなり難しい作業なのです。
そこで、最近の人型アクションフィギュアの「ポージングのポイント」をレクチャーします。

アクションフィギュアのポージングのポイント

人型アクションフィギュアのポージング上達のポイント「人の体の構造を意識する」

  • ・一番大事なのは全身のバランス。そのポーズを実際に自分でとってみて、確認しながらポージングさせてみましょう。
  • ・立ちポーズで倒れてしまうときは、そもそもヒトが再現できない無理な姿勢になっているということ。首が回りすぎていたり、重心がうしろにいっていたり、必ず不自然な部分が見つかるのでよくチェック。
  • ・手首から肘・肩にかけて、脚の付け根から膝・つま先にかけては重要ポイント。かっこいいポーズに欠かせない手足の動きは「流れ」を意識しましょう。
  • ・胸を張ってグッとあごをひかせましょう。

佐藤さん「なるほどなるほど。個人的には膝や肘の角度と、腰をしっかり沈めて重心を安定させるイメージが大事だと思いました。これからたくさんさわって慣れていけば、どんどん上達するような気がします。アクションフィギュアの楽しさってさわることにあるんですね。さわって初めてわかりました!じゃあこれ、さっそく飾りたいです!」

たとえ1体でも、デスクや書棚の狭小スペースでも、S.H.Figuartsなら絵になります。今回は関連商品なども使いながらディスプレイしてみましょう。

S.H.Figuartsを狭くて小さいスペースでもかっこよく飾る

『アクリルロゴディスプレイEX』でロゴと飾ってみた!

『アクリルロゴディスプレイEX』の画像
『アクリルロゴディスプレイEX』でロゴと飾ってみた!

キャラクターそのものではなく、少し視点をずらして、番組ロゴやキャラクターマークなどに注目して生まれたのが「アクリルロゴディスプレイEX」シリーズです。アクリルでありながら最厚部は10mmにもおよび、その重厚感と存在感から、単体でも飾れるクオリティです。「アクリルロゴディスプレイEX」はフィギュアとのバランスを考えてサイズが決められているので、キャラクターフィギュアと組み合わせればバッチリ締まった画になり、SNSへの共有もしやすくなります。共有という楽しみが、ポージングへのこだわりをますますアップさせるに違いありません。

『アクリルロゴディスプレイEX』はウルトラマンシリーズだけでなく、仮面ライダーや機動戦士ガンダムなどのシリーズもありますので、ぜひ下記取り扱いショップでチェックしてみてください。

アクリルロゴディスプレイEXのアイテム一覧はこちら

『HERO ON STAGE/ヒーローオンステージ』で世界観を再現する

『HERO ON STAGE/ヒーローオンステージ』で世界観を再現する

縦16.5cm横12.2cm、奥行100cmのコンパクトなスペースに、そのヒーローの世界観を詰め込んで再現したディスプレイスタンド『HERO ON STAGE/ヒーローオンステージ』は、その名の通りフィギュアのステージとして誕生した商品です。ポージングをしたフィギュアを置くだけで、ジオラマのような臨場感のあるディスプレイに。また、『アクリルロゴディスプレイEX』を加えることで、どんどん世界観が仕上がっていくはずです。

棚の「すき間」に飾ってインテリアのワンポイントに

S.H.Figuarts ウルトラマントリガー マルチタイプ

約150mmのフィギュアは、ディスプレイ用の棚に限らずインテリアと馴染ませても。たとえば本棚のすき間に飾ったり、キャンプグッズやカメラなど、趣味のグッズの横に添えてみたり。棚に置くことで、アングルは限定的になるので、ポージングの難度はやや下がるのもおすすめポイントです。

佐藤さん「1体で飾ることを考えると、アクリルロゴはかなりいいアイテムですね!個人的には科特隊マークがさりげなくて好みですね。あと、ポージングさえきまれば、本棚にポンと置いておくだけでいいというのもわかりました。大きすぎないし、全然安っぽくないから、インテリアのほどよいアクセントになってくれますね。」

1体でも良し、並べても良しのアクションフィギュア

佐藤さん「今日は、アクションフィギュアというものに出会って、さわることもフィギュアの面白さだとわかったのがよかったです。これ!というポージングができた瞬間は本当にたまらないですよね。結局、コレクションしたくなる気はしますが、まずはお気に入りの1体を味わいつくすという楽しみ方が初心者には正解だと思いました。」

そう、まずはお気に入りの1体を見つけてください!狭い場所でもかっこよく飾れる関連アイテムが発売されていますし、そもそもフィギュアの高い完成度と美しさがあるので、部屋の雰囲気を左右することもありません。仕事や勉強で疲れたときに本棚を見ると、お気に入りの1体と目が合う…力強くポージングするフィギュアに励まされる…なんていうのも悪くないですよね。

アクションフィギュアの入り口に立ったみなさん、繰り返します!飾る場所や飾り方は気にせず、ぜひお気に入りの1体を手に取ってみてください!

【まとめ】フィギュアを1体でも映える飾り方をするために

  • ・「ポージング」はアクションフィギュアの醍醐味です!理想のポージングを追究してください!
  • ・ロゴディスプレイなど関連商品と「組み合わせる」ことで狭小スペースでも、世界観が一気にできあがります。
  • ・「趣味のグッズの横に置いたり」しても、インテリアのアクセントになります。
  • ・「お気に入りの1体」をまずは選びましょう。どこにどう飾っても、絵になるはずです。
BANDAI BANDAI SPIRITS 株式会社バンダイナムコホールディングス

(C)BANDAI SPIRITS 2009

▼コピーライト一覧を表示する