【プレミアムバンダイ】会員規約の改訂について

HOME > BANDAI OFFICIAL TOY SHOP > 「CSMオーズドライバーver.10th」発売記念 仮面ライダーオーズ/火野映司役・渡部秀氏 スペシャルインタビュー
●2018年に発売されて大好評となった「CSMオーズドライバー」が、このたびVシネクスト『仮面ライダーオーズ/OOO 10th 復活のコアメダル』公開を記念し、バージョンアップ版として「CSMオーズドライバー ver.10th」として発売されることになりました。まずは、『オーズ』最新作にして「完結編」というべき『復活のコアメダル』の製作が決まったときのお気持ちから聞かせてください。

テレビシリーズ終了後も、映司=オーズは何度か「仮面ライダー」の映画に出させていただいていましたが、出演するたび、まさか「次がある」なんて思いませんからね。2017年の『仮面ライダー 平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』にりょんくん(アンク役/三浦涼介さん)と一緒に出演したときも、まさかこうやって4年後にまた『オーズ』の最新作を作るなんて想像もしていませんでした。時代の流れに合わせて、『オーズ』が必要だと思ってくださる方たちがいらっしゃるタイミングで、出演のお話を頂けるというのは、運がいいのかもしれませんね。

●もともと「CSMオーズドライバー」は仮面ライダーファンの方から再販の要望が非常に多く、今回ちょうどVシネクストが製作されることから、バージョンアップ版の発売が決まりました。オーズドライバーの人気の高さについて、どんな思いを抱かれますか。

もちろん嬉しいです。僕も幼い頃、仮面ライダーの玩具が大好きでした。大人になった今は、かつて夢をもらっていた側から、夢を提供する側になれたんだなあとしみじみ思っています。オーズドライバーも、長い期間にわたって「欲しい」と言ってくださるファンの方たちがいる、根強い人気があるのはとてもありがたく、喜ばしいです。

●オーズドライバーに「オーメダル」を3枚装填し、それをオースキャナーでスキャンするといろいろな歌(歌唱:串田アキラ)が鳴る、といったギミックの面白さもヒットの要因なのでしょうね。特にオーメダルは放送当時、子どもたちを中心に大ヒットを飛ばし、多くのメダルをコレクションしていた方もたくさんいました。

『オーズ』のテーマは「欲望」でした。欲望にもいろいろありますけれど「金銭」にまつわる欲望って、わりとわかりやすいですよね。メダルというのは、お金とダイレクトに結びつきやすいアイテムだなと思うんですけれど、それがメインライターの小林靖子さんの作るストーリーにうまく絡んで、人々の欲望、欲求を掻き立てるようになっていたんじゃないでしょうか。バンダイさんの商品の魅力と、欲望を呼び起こすお話の魅力の相乗効果(笑)。実際、メダルを見ていると集めたくなりますよね。手軽ですし、大きすぎない。コレクション心をくすぐるアイテムで、今思い返しても画期的だったなあと。

●テレビシリーズ放送当時、バンダイから発売されていた「DXオーズドライバー」には、何か思い出があったりしますか?

発売された商品も持っているんですけど、撮影に入る前バンダイさんから「練習用」のベルトを頂いて、それを使って家で変身の練習をしていたことがあります。まだ工場生産に入る前の一点もので、塗装が施されていないものです。メダルを装填して、オースキャナーを構えるまで、体に馴染ませるまで頑張って練習しました。第1話で変身したときは、映司としても初めての変身だから、手慣れていなくても大丈夫でしたけど、だんだん回数をこなしていくにつれ、自然な感じで変身できるようになりました。たとえば、最初のころは手元を見ていないとメダルを装填できなかったんですけど、やっていくうちにノールックでメダルを入れられるようになりました。後半エピソードを撮影している頃には、ベルトやメダルのサイズ感覚が肌に馴染んできましたね。

●今回はオーズのタジャドルコンボのときに使用する手甲型アイテム「タジャスピナー」も、大人向け仕様となって商品化されるそうですね。

そうです。僕がタジャスピナーを着けてポーズを決めている写真も撮っていただきました。これってけっこう珍しい画ですよね。映司は基本的にベルト(オーズドライバー)とメダルしか触りませんから。

●『オーズ』放送から10年という絶好のタイミングで企画されたVシネクスト『仮面ライダーオーズ/OOO 10th 復活のコアメダル』に懸ける渡部さんの想いを聞かせてください。

やっぱり僕にとって『オーズ』は特別な存在なんです。初めての主演テレビドラマであり、子どものころから憧れていた仮面ライダーに自分がなれたわけですから。青春時代と共にあった作品でもありますし、僕が一番『オーズ』への強い思いがあるんだろうな、と自負しています。

●すでに発表されている『復活のコアメダル』スチール写真には、テレビシリーズに一度も具体的に出てこなかった800年前の王「古代オーズ」の姿がありました。古代オーズについて渡部さんはどんな印象を持たれましたか。

今回、僕は撮影期間中、出番のない日でも現場にずっと立ち会っていたんです。単純に見たかっただけなんですけどね。古代オーズに関しては、スーツのフィッティングのときから見ていました。何か口を出すとかじゃなくて、見たかっただけ(笑)。そのときからの感想なのですが、オーズのアレンジでありながら、とてもシンプルでいいなと思いました。マントを着け、目の色が赤になっているなど、ちょっとしたアレンジ具合が今回の作品を象徴するキャラクターとして、よくマッチしているなと感じたんです。テレビシリーズのころから「800年前の王」について言葉では触れているものの、実際に形となって現れたことはなかった。今までずっと、気になっていた存在をここで出すか!と感心しましたね。

●最後に「CSMオーズドライバー ver.10th」を購入してくださるファンの方々に、ひとことお願いします。

4年の歳月を経て、また新たにパワーアップした「オーズドライバー」を皆様の元にお届けできるというのは、僕にとってもすごく光栄なこと。いつも応援してくださる皆さんのおかげだと思っています。『オーズ』という素敵な作品に巡り合えた上に、こんな素敵な玩具商品が出るというのは、とても喜ばしいです。ぜひみなさんも商品をお手に取って、精密なディテールをくまなく観察したり、収録音声の数々を楽しんだり、どんどん遊んでもらって『仮面ライダーオーズ/OOO』に思いを馳せてくださると嬉しいです!

© 石森プロ・東映